プロフィール

1992年2月9日生まれ。千葉県千葉市出身。ポケバイやミニバイクレースを経て、2005年に全日本ロードレース選手権GP125クラスへ参戦。2006年には全戦全勝で同クラス年間総合優勝を達成し、最年少チャンピオン記録を更新する。同年にMotoGPアカデミーへ参加し、CEV(スペイン選手権)GP125クラスにも参戦を開始した。翌2007年はMotoGPアカデミーの一員として、CEVのGP125クラスに専念。ロードレース世界選手権最終戦バレンシアでは、125ccクラスにワイルドカード参戦を果たした。このときの精悍な走りが関係者に強い印象を与え、中上は2008年にイタリアのI.C.チームからアプリリアのマシンでロードレース世界選手権125ccクラスへのフル参戦を開始することになった。翌2009年も、引き続きOngetta I.S.P.A.からアプリリアのマシンで125ccクラスのフルシーズンを戦った。
2010年は一旦戦いの場を日本に戻し、古巣のMuSASHi RT HARC-PRO.から全日本ロードレース選手権ST600クラスに参戦。2011年には、J-GP2クラスで年間総合優勝を達成した。この年のロードレース世界選手権第15戦日本GPでは、負傷選手の代役として、Italtrans Racing TeamからMoto2クラスへの参戦も果たした。2012年シーズンは同チームのシートを獲得し、Moto2クラスへのフル参戦を開始。2013年は開幕戦カタールGPで3位表彰台を獲得。以後のレースでも何度もトップ争いを繰り広げ、シーズン中盤には第9戦インディアナポリスGPから第12戦サンマリノGPまで4戦連続で2位を獲得する好成績を収めた。2014年にはIDEMITSU Honda Team Asiaへ移籍。2015年第15戦のサンマリノGPで3位表彰台を獲得した。2016年は、第8戦オランダGPでの優勝を含む4戦で表彰台に登壇。2017年も第12戦イギリスGPで優勝した他、3戦で3位に入る好成績を挙げた。
 そして2018年、中上貴晶はいよいよ最高クラスに参戦を開始。LCR Honda IDEMITSUのライダーとして新たな挑戦を開始する。

 MotoGPMoto2125ccAll
初レース2018 - T122011 - JPN2007 - VAL
初ポールポジション-2013 - FRA-
初ファステストラップ-2016 - NED-
初表彰台-2013 - QAT-
初優勝-2016 - NED-
優勝回数0202
2位獲得回数0404
3位獲得回数0808
表彰台獲得合計014014
ポールポジション0505
ファステストラップ0101
年間総合優勝0000
color
https://nakagami.lcr.mc/wp-content/themes/londres/
https://nakagami.lcr.mc/?lang=ja
#E30513
style1
scrollauto
Loading posts...
/var/www/html/nakagami.lcr.mc/
#
on
none
loading
#
Sort Gallery
on
yes
yes
off
Newsletter Input text
on
on
ja